月経前症候群の緩和に運動療法は効果的、特にヨガは、大変に人気があるようです。

月経前症候群(PMS)の激しい苦痛をヨガで改善

 
月経前に様々な心身のトラブルが現れる月経前症候群(PMS)
昔はなかった一種の現代病と言えます。

女性の現代病? 月経前症候群(PMS)の特徴


排卵後から月経直前の時期にかけて、
さまざまな体調不良や精神的な症状が出、月経が来たとたんにそれらの症状がすっかり消えてしまう「月経前症候群(PMS)」。

排卵後から2週間近く具合が悪い人もいれば、月経直前の1日だけ寝込んでしまうほど症状がひどい人もいます。
一昔前までは婦人科の教科書にすら載っていませんでした。
昔も、「なんだか毎月同じ時期に極端に体調が悪くなるな」「生理前だけ性格が変わってしまうみたい」と感じていた人はいたはずですが、PMSという病気の概念がなかったため、
病院で相談しても「精神的なもの」とか「我慢が足りない」といったことで取りあってもらえなかったのではないかと考えられます。
pms改善現代は、晩産化・少子化のために一生のうちに迎える月経の回数が極端に増えました。
その上、ハードワークや様々なジェンダープレッシャーにさらされているので、ストレスのせいでPMSになる女性も急増しています。
そういった意味で、PMSは現代病と言えるでしょう。

pms改善

月経前症候群(PMS)の症状


PMSの症状は本当に様々。患者さんによっては、手の痺れなどの少し珍しい症状を訴える方もいらっしゃいます。特によく見られる症状をまとめました。

PMSの体の症状で多いもの


  1. 月経前の下腹の痛み

  2. 腰痛

  3. 頭痛

  4. めまい

  5. 吐き気

  6. ひどいむくみ

  7. 便秘

  8. ニキビ
他にも、肩こりや手のしびれなど、他の病気と紛らわしい症状を感じることもあるようです。

PMSの精神的な症状で多いもの


  1. 月経前のイライラ・気分の落ち込み

  2. 集中力の低下

  3. 仕事ができなくなる

  4. 不眠

  5. 理由もなく突然泣きたくなる

  6. 過食

  7. 甘いものばかり食べ過ぎる

精神症状があまりにもひどくて、「自分がコントロールできない」と言って
駆け込んでこられる方もいらっしゃいます

月経前症候群(PMS)の原因はホルモン?


はっきりとした原因は解明されていません。
一説では、排卵後にたくさん分泌される
「黄体ホルモン(=プロゲステロン)」
が悪さをしているのではないかと言われています。排卵後に黄体ホルモンが急激に増えることでホルモンバランスが一時的に不安定になり、それによって起こる感情の「波」に振り回されてしまうのです。
pms改善

月経前症候群とヨガの効果

月経前症候群の症状は様々で、人それぞれの症状にあったケアが必要です。

生活習慣の改善を行い、症状が酷い場合には、月経前症候群科や婦人科での受診が大切です。

月経前症候群の緩和に運動療法は効果的です。
特にヨガは、大変に人気があるようです。


ヨガフィットネスや美容のヨガは、すでに定番となっています。
ヨガは古代インドで始められた修行法です。

自然と一体化して呼吸・動作を行い、心身を健やかにして、悟りを開くための方法です。
ヨガを行なうと姿勢が正され、月経前症候群に大きな効果を与えます。
pms改善

これまでに多くの女性をPMSの辛い症状から解放してきた
『月経血コントロール』をお伝えします。

pms改善
pms改善
自分で出来るPMS改善法〜月経血コントロールヨガ



自分で出来るPMS改善法〜月経血コントロールヨガのメソッドは

 

 

 

やさしい腰痛解消エクササイズ 『エゴスキュー・メソッド』  骨盤歪み改善で健康・骨盤美人